スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧巻!! 荒川静香選手の世界にウットリ

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-24 at 23:57:25

◆共有テーマ: フィギュアスケート [スポーツ]

もう今さら書くまでもないでしょうけど、こんなに凄い演技を見せつけられては何も書かないわけにはいかないでしょう。とにかく今回の荒川さんの演技は圧巻の一言です。NHK-Hiでの放送を録画して見たのですが何度見ても飽きることなく10回以上リピートして見てしまいました。正直ショートプログラムでは村主選手の方が良いかな……とか思っていましたが取り消します。持てる全ての力を出し尽くした荒川さんの前にもはや敵無し、誰が見てもぶっちぎりの金メダルだったと思います。

コーエン、スルツカヤ両選手の演技も確かに(転倒を除けば)完璧で素晴しかったのですが、緊張で固くなっていたせいか動きが機械的というかカッチリしすぎというか、見ていてこっちまでハラハラしてしまう感じを受けたのに対し、荒川さんは本当にしなやかに軽やかに妖精か天使かと見紛うかの如く本当に生き生きと演技されていたと思います。完全に計算し尽くされた配色の衣装と、成熟した女性の魅力を最大限引き出す音楽も素晴しかったですし、他の選手と違ってジャンプ後の「どうだ!!」というアピールがないところには彼女のクールさを見ました。そして単にスピンするだけでなく柔らかな手の動きによって見せる表情は本当に艶やかで、そこには王者の余裕すら感じられました。自分は技の難度どうこうについては全く分からない素人ですが、もはやそんなことは関係なく完全に彼女の世界に浸ってただただ癒されている自分がそこにいました。どうして涙が出るのか分からないくらいに……。

聞くところによるとあのイナバウアーは得点に関係ないんだとか。しかしそんなルールは関係ない、自分を応援してくれる人がいる限り私は最高の演技を見せるんだというその想いは会場全体を完全にひとつにすることに成功しました。これぞプロ魂。新採点方式に不満を言うことではなく、求められる最高の技を完全にマスターした上で更に最高の美しさを見せつけることでスケーティングの何たるかを世界に再認識させた彼女の功績は本当に大きいと思います。……とまた知ったか気取りで語ってしまいましたが、それにしてもこういう人の活躍を目前で見せつけられたらホント自分ってちっちぇえなぁ~~と思ってしまいますねorz。端から比較すること自体大間違いなことは百も承知ですが。

村主さんは荒川さんの興奮冷めやらぬ空気の中スタートしたにも関わらず(ほぼ)ノーミスでやり遂げたのは凄い精神力だと思いました。そして最後の超高速スピンは人間業とは思えないほど衝撃的でした(^^; 安藤美姫さんは……なんだか見ていてとても痛々しくて可哀想に思いました。身も心もキズだらけというか満身創痍というか、最後はスタミナ切れで滑るのがやっとかというような状態。そんな状態の彼女を泣かす質問をした日本人記者は一回逝っていいよホント。でも彼女はここで終わってしまうような人ではないはず。荒川さんがそうであったように、安藤さんには今回の経験をバネに更なる飛躍を期待したいです。

P.S. 関係ないですがカーリングの決勝戦(スウェーデン×スイス)も凄かったですね。しかし連日の熱い解説のせいか小林さんがお疲れモードだったのが気がかりです。本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

ナイストライ!!日本女子カーリング

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-21 at 15:30:00

◆共有テーマ: トリノ五輪!! [スポーツ]

いやぁ本当に残念でした。中盤にリード広げて絶対優位に立つスイスに対して日本も気力で応戦しましたが、最後は力及ばず第8エンドで無念のギブアップ。しかし大量失点を覚悟してまで果敢に攻め続けた彼女達の姿に本当に感動しました。解説の小林さんの最後のコメントも素晴しかったです。

しかし今回ここまで盛り上がった競技なのに、次に見られるのが事実上4年後まで待たなければならないというのはなんとも寂しすぎますね。今までスルーしていた自分が言うのもおこがましい話ですが。

「4年間、五輪のためにやってきた。ここで一区切りつけたい」。戦いが終わってそう話した。少し休養し、再び氷上に立つか考えるという。

夢を背負って強いリーダーに=4年間の思いぶつけた小野寺〔五輪カーリング〕 - goo トリノ五輪特集

今は彼女達にお疲れさまと言いたい気持ちでいっぱいです。ここはしっかりと休養して英気を養い、そう遠くない未来にその明るい笑顔で頑張る姿を再び見せてくれることを期待したいです。

ありがとう

劇的なサヨナラ勝ち!!カーリング対イタリア戦

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-20 at 20:56:53

◆共有テーマ: トリノ五輪!! [スポーツ]

先ほどカーリング女子の対イタリア戦が終わりました。同点で迎えた最終エンド、日本は先攻という不利な立場でありながら奇蹟的なスティールを決め、劇的なサヨナラ勝ち!!! ガードを回りこんでハウス中心にピタリと止まった小野寺選手のラストショットは本当に見事でした。そしてイタリアのラストストーンが僅かに届かず日本の勝利が決まった瞬間には思わず大声をあげてしまいました。まさに鳥肌モノ。選手達も感極まってか試合後には泣いていました。本当に感動的なシーンだったと思います。

とはいえ試合全体を通してみると今回は目黒選手、本橋選手の不調が目立ちました。今大会最下位のイタリア相手にここまで苦戦を強いられるとは日本としても予想していなかったでしょう。今回の勝利でもう一度体勢を立て直し、スイスとの最終戦では是非有終の美を飾って欲しいです。

カーリングにハマってしまった

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-19 at 23:46:55

◆共有テーマ: トリノ五輪!! [スポーツ]

トリノオリンピックが開幕して1週間、TVでは連日お祭りのように煽りまくった挙句日本勢は未だにメダルが1個も取れないという少し情けない結果となっています。自分としては正直冬の競技自体にそれほど興味はなく、辛うじて女子フィギュアくらいは見てもいいかなぁくらいの認識だったわけですが、先日夕方たまたまカーリングの対カナダ戦中継を見てしまって以来、にわかにその虜になりつつあります。もうヤバいです。

かつてカーリングといえば地味なスポーツの代名詞、モップで掃き掃きする意味が分からないという印象しかなかった私ですが、対カナダ戦での白熱した試合内容と、一糸乱れぬフォームでストーンを投げる選手達の真剣な表情に思わず魅入ってしまいました。そして勝利した瞬間抱き合う彼女達のシーンを見て泣きそうになってしまいました。そして最高のこの笑顔、たまりません(特にマリリン、いや本橋さんが……)

そして今朝のスウェーデン戦。時間が時間だけにリアルタイムではなく録画したものを見ましたが、世界最強と言われる相手に互角といってもいい戦いぶりを見せてくれました。他の競技と違って解説者の方が丁寧に説明してくれるおかげでカーリングのルールや戦法には全く無知だった私でも戦況も把握することができ、手に汗握りながらかなり熱くなってしまいました。試合内容の方は前半ラインの読み違えによるミスが目立ったスウェーデンに対して日本は1つ1つ着実に攻めのショットを決めていき一時は3点リードまで差を広げましたが、後半はスウェーデンがさすが王者の貫禄を見せつけるスーパーショットを連発し、延長戦までもつれ込みましたが最後は日本は惜敗を喫しました。

素人なりに思うにスウェーデンは確かにミスのようなショットも目立ちましたが、それは常にギリギリのラインを狙えるという自信の裏返しであり、少しずつ修正しながら集中力を切らすことなく攻め続けた結果がラストショットの成功に繋がったのだと思います。日本は中盤、残り3投ほど持った時点で手前のガードを外すか中央に自石を置くかの二者択一の場面で時間を使いすぎた結果、後半の焦りを招いてしまったと思います。彼女達はそこで果敢に攻める方(後者)を選んだわけですが、あの場面は解説者の方の言った通り一旦冷静にブレイクする戦略を取った方が良かったと思ったんですが…。ここらで点差を広げておきたいという気持ちが出てしまったのだとは思いますが、結果として試合の流れがスウェーデンの方に移ってしまったのは痛かったです。

とまぁこういう風に素人でも分かったような気にさせられるのもカーリングのいいところでしょうか。残念ながら試合には負けてしまいましたが王者をここまで追いつめ本気にさせただけでも十分賞賛に値する、いい試合内容だったと思います。負けてもこのすがすがしい表情がそれを物語っています。

と、これを書いている現在まさにイギリス戦の真っ最中なわけですが都合によりまたリアルタイムでは見られません。ひとつ難点をいえば競技時間が3時間と長いのは少し辛いですね。しかし彼女達にはそれを忘れさせるくらい良い試合を期待したいと思います。決勝進出は少し微妙になってしまいましたが、最後まで諦めず頑張ってまた素晴しい笑顔を見せて欲しいと思います。

1リットルの涙 DVD-BOX発売決定!!

■ TV Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-17 at 01:42:11

遂にというか、ようやくというか、昨年放送されたドラマ「1リットルの涙」のDVD-BOXの発売日が4月26日に決定したようです。自分は本放送を録画したものを一応DVD-RAMで保存していますが、地アナなので画質も並程度だし4:3なので左右カットされてるはずなので、DVDが出たらもう一度見てみたいと思ってはいました。でもテレビシリーズのDVD-BOXって正直高いですよね…(アニメほどではありませんが)。なので正直どうしようか、決めかねていたところでした。

で、商品説明を見てみると…。

映像特典(6枚目に収録)
・番組宣伝番組
・「3月9日」合唱フルバージョン
・予告編集 他(予定)

初回限定生産特典
・亜也と遥斗が水族館で買ったイルカ・ストラップ
・「3月9日」合唱譜面

「3月9日フルバージョン」キターY⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

さすが分かってらっしゃるというか、釣り上手というか……。結構心が揺れてきてしまいました。う~む、悩むなぁ……。

1リットルの涙 DVD-BOX
1リットルの涙 DVD-BOX
posted with amazlet on 06.03.05
ポニーキャニオン (2006/04/26)
おすすめ度の平均: 4
4 カンソウ

NIS2006とFirefox/bbs2chreaderで起こる問題を回避する方法

■ ネット Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-08 at 21:15:58

先日Norton Internet Security 2006(以下NIS2006)を苦労の末インストールして色々といじり倒した結果、これまで目立った不具合もなく順調に使えていたのですが、ここにきて新たな問題に遭遇しました。Firefox/bbs2chreader(*)と併用した場合にスレの取得に失敗することがあるのです。色々と調べたり試行錯誤したりした結果なんとか対処法が見つかりましたので、その原因と対策についてまとめておきます。

(*) bbs2chreaderはFirefox上で2chブラウザの機能を実現する便利な拡張です。
(参考) bbs2chreader 0.2.10以降では以下と同等の修正が組み込まれましたので、Firefox 1.5.0以上をお使いの方は公式サイトを参考にして最新版をインストールすることをお奨めします。但し最新版はFirefox 1.0系には対応していませんので、1.0系をお使いの場合は手動で以下の改造を行う必要があります。その場合、書き込みを行うには更にこちらの改造も行う必要があります(2ちゃんねる側の仕様変更が行われたため)。[6/14追記]

>>続きを読む

さようなら、ノートン先生(3)

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-05 at 01:40:03

(続き)翌日Symantecサポートから回答が来ました。曰く「ここを参考に対処して下さい」と明らかにテンプレ的な回答…。違うんですよ先生。Windows終了時に「○○が応答しません」と出たら該当プロセスを殺せばいいことぐらい分かってますよ。そうじゃなくてIE起動と同時にccApp.exeが異常終了することについて訊いてるのです。Auto-Protect機能で圧縮ファイル内部のスキャンを行わないように設定しろと? とっくにそうしてますよ。そのチェックを入れたらexplorerが激しく重くなりましたのでね!

サポートからのメールは更に続きます。曰く「これで解決しなければスタートアップアプリケーションの数を減らして、システムの負荷を減らして下さい」と。あのね先生そんなの十分想定済みだから、NIS2006をインストールしてから各種設定が終わり、安定動作するのを見極めるまでは、Shift押しながらのWindows起動でスタートアップを無効化して、レジストリの方から立ち上がるソフトも可能な限り終了させてから作業してるっつーの。それでも負荷のせいだというのなら、そっちの方がよっぽど問題ですよ。

とまぁこんな感じでサポートの方は予想通り役に立たなかったのですが、このまま引き下がるのも悔しいですし、失敗したらしたでこのひまグのネタにすればいいやと思いながら(笑)、ダメ元で再インストールしてみることにしました。こんなときのためにバックアップソフトを入れてあるんですしね。

まずはファイアウォールのフィルタリングルールを再構築できるよう、片っ端からスクリーンショットを撮って記録しておく(というか設定をエクスポートできるようにしておけっつーの)。SmartScanの拡張子リストも同様に保存。更に他のオプション項目についても後から同じ設定にして動作を検証できるように全て記録しておく。

然る後、おもむろにNIS2003をアンインストール。……そして今度は慎重に―2chの情報を参考にしながら―Cドライブやレジストリに残ったゴミを「Sym」「Norton」などで検索して片っ端から削除。そしてようやくNIS2006のインストールを実行……。あれ?今度はホームネットワークウィザードが動かないぞ……と思いつつ、アクティベーションとLiveUpdateまで終了。そして次は少しでも負荷を軽くすべく、設定パネルやオプションを開いて不要な機能を解除する作業に取りかかる。

  • Auto-Protectを「完全ファイルスキャン」から「SmartScan」に変更(但し危険な拡張子を手作業で追加)
  • 同、圧縮ファイルの内部をスキャン「しない」
  • シャットダウン中にAドライブをスキャン「しない」
  • ホームページ保護をオンに「しない」(今思えばIE落ちるのコレのせいだったかも?)
  • Officeプラグインをオンに「しない」(MSOfficeなぞ使っとらんわい)
  • 当然ファイアウォールの学習機能と自動制御はオフに
  • Protection Centerのオプション→ログイン後に常に状態ウィンドウを表示「しない」(ウザいだけ)
  • NISのオプション→トレーアイコンにログビューアを表示「する」(最初は「詳細」が無難か)
  • AntiSpamの言語フィルタから日本語以外のチェックを「外す」(外人の友人はおらぬ)
  • 同、クライアント統合のチェックを全て「外す」(OE使ってないので問題無し)
  • 広告ブロック「オン」、ポップアップ遮断「オフ」(ブラウザの機能を使うので)

あ、そうそう。Protection Centerのデカくてウザいアイコンはタスクトレイに入って頂きます。これでもまだウザいけど、あまり荒療治をして先生のご機嫌を損ねてもいけませんので致し方ありません。と、ここまで設定をいじっていじり倒した結果、ようやく安定してシステムが動き出したようで、IEが落ちるという現象も今のところ発生しなくなりました。これでやっと一段落ついたのでこのエントリを書くことができているというわけです。しかしおかげでしばらくはこのまま様子を見なければならないハメになり、「さようなら、ノートン先生」というタイトル通りにならなかったのは喜んでいいのかどうなのか……(笑)。

しかし今回の一件で良く分かりましたが、初心者対策のつもりなのかやたらと見た目を派手にして負荷を重くしたり、不安を煽るような警告をバンバン出す一方で必要な警告を出さないようにしたりと、NISはセキュリティソフトとしては全く明後日の方向に向かっているような気がしてなりません。そもそもきっかし1年間で更新サービスを打ち切ってあとはほったらかし、嫌なら最新版を購入してインストールし直して設定も何もかもやり直せとはユーザー軽視にもほどがあります。まぁこれだけフリーのウィルス対策ソフトが充実してきた現在となっては事業を継続するためにはやむを得ない面もあるのかも知れませんが、完全に逆効果ですよ先生。かたや現在ノートPCの方で使っているMcAfeeなんか、更新期限が切れてプログラム本体のアップグレードこそ受けられなくなりましたが、4年近く経った今でもDATファイルの更新だけはできるようになっています(別に裏技など使っていません、念のため)。さすがは企業ユーザを多く抱える老舗、これぞセキュリティ企業の鑑と言ってもいいと思います。昔はMcAfeeは重いというのが定説になっていましたが、もはやNortonも軽いとは言えなくなってきていますし、今回のようなことが続くようだと、いよいよノートン先生にさようならを言わねばならなくなるのも時間の問題かも知れません。

さようなら、ノートン先生(2)

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-05 at 01:39:36

※2007年1月22日頃に発令されたアウトブレーク警告についての情報はこちらへどうぞ。

(続き)LiveUpdateが終わって一段落したと思ったら、次は「急速に広がる脅威について保護されていません」とか何とか言いつつ真っ赤なパネルがでてきて、また"解決する"ボタンを押せとおっしゃる。で、少しビクビクしながら押してみると、アウトブレイク警告の保護の欄に「W32.Sober」が入ってました。これで大丈夫ということですかノートン先生?しかし分かりにくい表現ですね……初心者に対してことさらに脅威を煽って、アンインストールさせないようにしているとしか思えませんよ全く。

そのくせファイアウォールに関してはデフォルトでとんでもない設定になっているのです。「学習」と称して、未知のソフトに対して何でもかんでも通信を通すルールを勝手に作成してくれるのです。NIS2003でも自動生成の機能はありましたが、それはあくまでもノートン先生が知っているソフトについてだけ。知らないソフトまでバンバン通してくれるなんて余計なお世話どころか言語道断、何のためのファイアウォールか分かりません。初心者から警告がうざいというクレームがくるのがそんなにイヤだったのでしょうか? まさに本末転倒とはこのことです。

勿論、こんな機能は速攻で切るのが吉です。念のため書いておくと、メインパネルの「Norton Internet Security」タブから「ファイアウォール」をクリックして"設定"ボタンを押すとダイアログが開くので、「インターネットにアクセスする認識されていないプログラムを学習する」のチェックを外せばOKです(画面参照)。これで、NIS2003と同様に未知のプログラムに対しては警告が出るようになります。

NIS2006 - 自動学習機能をオフにする

既知のソフトであっても勝手にルールを増やされるのはあんまり好きじゃないので、更に「プログラム制御」タブの「プログラムの自動制御をオンにする」も外しています。こうすれば新しいソフトが最初にインターネットにアクセスしようとするときには必ず警告が出ますので、必要に応じてルールを作成すればいいですし、ノートン先生が知ってるソフトならそのまま自動生成させてもいいです。当然、あやしいソフトからのアクセスだったら通信内容を確認した上で遮断することもできます。

そんなこんなでルールを追加しつつFirefoxでのWeb接続実験を行い、続いてメールの送受信実験にも成功したので、一応Internet Explorerの方のルールも作成しておくか……とIEを起動したところでアクシデント発生! IEを立ち上げた瞬間にノートン先生のアイコンがタスクトレイから消え、お亡くなりになってしまったのです。しかもその後マシンを再起動しようにもシャットダウンしようにもうんともすんともいわなくなり、強制リセットをかけるしかなくなる事態に……。いい加減にして下さいよノートン先生ヽ(`Д´)ノ

リセット後にIEを立ち上げ直してみてもやっぱり同じ症状が再現します。イベントビュワーを見てみるとどうやら"ccApp.exe"から呼ばれる"ccl40.dll"でアクセス保護違反が出ていることを示しており、更に「再起動に失敗しました」というメッセージも残されていました。こんなエラー見たことないよ……orz。一体どないなっとんねんと思いつつ、Symantecのサポートページを見てみてもそれらしき項目は見当たりません(つーか検索性能低すぎ。重複項目も弾いてないし)。たかがIEすらまともに使えないようでは話にならないので、こんなこともあろうかと一応取っておいたHDDのバックアップを使ってシステムリカバリーを行い、NIS2003をアンインストールする前の状態に戻しました。バックアップ取っておいて本当に良かった……。

リカバリーを行っている間、サブのノートPCを使って"ccApp.exe 落ちる"でググってみると出るわ出るわ不具合の話……。そして2chのセキュリティ板のスレを覗いてみたら他にも様々な不具合で困っている人が大勢いる様子。NIS2003は自分の環境ではすごく安定していて色々な設定も細かくできるので気に入っていたのですが、それから3年の間にノートン先生はすっかり重い・不安定の代名詞になってしまっていたのです。こんなことなら事前に十分に調べておくべきだったと激しく後悔しても後の祭りです。すっかりノートン先生を信頼しきっていただけに裏切られたような気持ちで一杯になりました。

とはいえ、5,500円以上も払わされた上に泣き寝入りするのも納得できなかったので、Symantecのサポートページから質問を送って回答が返ってくるのを待っている間、フリーのウィルス対策・ファイアウォールソフトについての調査を開始したのでした。(つづく)

さようなら、ノートン先生(1)

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-05 at 01:39:11

半月ぶりの更新です。今回はちょっと長文です。

「Norton Internet Security 2003」(以下NIS)の更新サービス期限切れが近いとノートン先生がおっしゃるので、いつものように延長キーを購入すべくSymantecのページにアクセスしてみたのですが、どうやらNIS2003はもはやサポート外らしく延長キーは既に販売終了となってしまっていました。で、今後はNIS2006にアップグレードしてくれと。これまでの3年間、年間4,200円で延長キーが提供されていたのに対し、アップグレード版は5,565円で更新サービスも1年間しか利用できないとのこと。これって実質値上げじゃないですか…。でもまぁこれまでノートン先生には恩義もあるし、細かい設定が出来るファイアウォールとウィルス対策がこれひとつでまかなえて動作も比較的安定していたので、特に考えることもなく2006年版のダウンロードボタンをクリックしてしまいました。

今から考えれば、もっとよく調べてから買えば良かった……orz。

さてダウンロードも終わり、いざインストールしようとしたら先に古いバージョンをアンインストールしろと怒られてしまいました。しょうがないのでPCからLANケーブルを引き抜いた上で、プログラムの追加と削除から旧版をアンインストールして再度トライ。インストール自体はすんなり終わり促されるままに再起動しました。

再起動直後ノートン先生のセットアップが立ち上がり、まずは製品をアクティベートしろとおっしゃる。おいおい、まだファイアウォールの設定やウィルス定義ファイルのアップデートが終わってもいないのにネットに繋いだら危険じゃないの! 1日でも早く登録させて更新期間が終わるまでの日数を少しでも短くしようとしてるとしか思えないこの暴挙、とてもユーザーのことを考えているとは思えません。なんだか少し雲行きが怪しくなってきました……。

一応ダイアログのメッセージを読むと「アクティベートしないと15日後に機能が停止します」とあるので、ここはとりあえずスキップ。ホームネットワークウィザートやらなんやらかんやらがガチャガチャ動いているようですが、全てデフォルトのまま先へ進み、一応セットアップは終了したみたいです。するとタスクトレイの左の部分に普通の大きさの4倍はあるアイコンが出現……これ、限りなく鬱陶しいんですけどヽ(`Д´)ノ

でもまぁ一応Auto-Protectが動き始めたようです。しかし重い……と思いながら暫く待っていると、何やら下の方からウネウネとパネルが出てきました。何やらあなたのPCはセキュリティリスクに晒されているので、解決するにはこのボタンを押せと……。で、起動したのは何のことはない、LiveUpdateのダイアログ。おいおい、アップデートもさせずにネットに繋がせようとしたのはどこのどいつだよ……と思いつつここでLANケーブルを再接続し、"次へ"をクリック。待つこと数分……エラー発生orz。

ヘルプを見るとネットワークの混雑か落としたファイルの破損が原因らしい。それならと再度アップデートを試みてみたところ、また同じエラー。もしや……と思いアクティベートを実行してから再挑戦してみたところ、すんなり成功。どうやらアクティベートを先にしないとLiveUpdateできないようになっているようです。おいおい、それって15日後じゃなくて最初から機能停止状態なのと殆ど同じことじゃないの! 一体どうしちゃったのノートン先生! 以前はこんな人じゃなかったと思ったのに、すっかり金の亡者になってしまったようですね。残念です…。

これだけでもかなり悪印象だったのですが、遂に恐れていた事態が発生したのです。(つづく)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。