Sage-Too作者が公式に開発中止を表明したことに関して

■ 自作ソフト Posted by ひぐま (Higmmer) on 2009-02-20 at 04:40:50

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

Firefox上で動作するフィードリーダーとしてSageと並んで人気を博していたSage-Tooですが、この度作者Mike Kroger氏によって正式に開発中止が表明されました。昨年末からサイトが閉鎖状態だったので薄々感じていた方も多かったとは思いますが遂にこの日が来たかという感じです。ちなみに本家Sageの方も昨年11月末にサイトが消滅していますので、RSS Reader Panelと呼ばれていた時代から続いてきた本ソフトもいよいよその寿命を全うする日が近づいているようです。

尚、当サイトで配布している「Sage++ (Higmmer's Edition)」についても約半年に亘って更新されない状態が続いていますが、これについての今後の方針を含め、この場を借りてMike氏への手紙という形で表明したいと思います。

Mike氏への手紙

まず最初に、これまでのSage-Tooプロジェクトに対する貴殿の努力と献身に対して感謝の意を表したいと思います。貴殿の仕事がなければ私のSage++をFirefox3の上で動作させることは不可能だったでしょう。また、利己的なユーザーに対する貴殿の失望について同情します。と同時にお詫びを言わねばなりません。というのも、彼らを引き寄せた責任の一端はこの私にもあるからです。

貴殿が最初にこのプロジェクト(当初はSage 2.0となるはずでした)を立ち上げた時、貴殿は唯一の関心が現状のSageの機能をそのままFirefox3に移植することにあり、それ以外の何も付け加えるつもりがないことを表明されていました。事実、当時仕様が不確定だった(今も?)Firefox3、とりわけPlaces上でまともに動作するソフトウェアを書き上げるだけでも大変な労力が必要な仕事でした。

それがおよそ完成した時に転機は訪れました。私を含む二人の開発者によって大幅な機能追加が始まったのです。その結果、Sage-TooはオリジナルのSageに比べて遥かに使いやすく便利なフィードリーダーになったと自負していますが、同時にその開発コンセプトであった「軽量&シンプルであること」を失ってしまいました。そのことが、より多くのものを望む人々を集めるきっかけになったのだと思います。

貴殿はまた、広告ブロック機能に対する苦言も呈されました。その機能をSage-Tooに加えたのは他ならぬ私です。それはSage++に搭載されていたセキュリティフィルタの一部として付随的に移植されたものであり、その是非については初期値を空に変更した以外に特に議論はなかったと記憶しています。しかし結果的に貴殿のソフトウェアに自身のポリシーに反する機能を入れ込んでしまったことに対し深く謝罪します。

残念ながら、私はSage-Tooの開発を引き継ぐことはできません。私もSage++というSageの派生ソフトウェアを抱えており、それすらも長い間メンテナンスされていない現状、これ以上のプロジェクトを抱えることは困難です。また、私自身Web型フィードリーダーを使うようになって以来Sage++への熱意が冷めてきているのも理由のひとつです。付け加えて言うなら、私は未だにFirefox2を使い続けています。それはコロコロと仕様が変わり安定しないFirefox3系列に辟易しているからです。もし(Sage++の)開発を再開するとすれば、それは私自身がFirefox2に見切りをつけてFirefox3系列に移行する時になるでしょう。

最後になりますが、これまでお疲れ様でした。貴殿の今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

>>続きを読む