スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝RDに待望のBlu-ray搭載。しかし時既に遅し

■ デジモノ Posted by ひぐま (Higmmer) on 2010-07-29 at 01:53:57

◆共有テーマ: デジタル家電 [ライフ]

今こそ東芝はBlu-ray搭載のRD後継機を出すべき」と書いてから2年と5ヶ月。遂にというかようやくというか、東芝よりRD型番を冠したBlu-ray対応HDDレコーダが発売されることが本日発表された

過去の自分なら大歓喜するところなのだが……しかし現在の自分は意外にも全く心が躍らない。

というのも自分は既にDIGAに乗り換えており、Blu-ray録画環境は整っているというのが大きい(*1)。それも、実はRD-X9を一度は購入したものの、再生エラーが頻発してまともに見れないという不良品だったためにわずか1ヶ月で返品し、代替機として購入したものだったりする。

その時に受けた失望の度合いは計り知れないが、今となってはDIGAにして正解だったと思っている。RDから離れた結果なのか、それとも単に年老いたからなのか、現在の自分にはかつてのようにRDの高度な編集機能を活用した凝ったライブラリを構築するという意欲はとっくに失せてしまった。してもせいぜいCMカットくらいであり、それならDIGAに備わっているチャプター消去機能でも十分だということに気付いてしまったのだ。編集機能を評価軸に含めない場合、パナ機と(今回発表された)東芝機を比較して後者が明確に優れていると言える部分は皆無に等しく、むしろ劣っている部分の方が多いように見える(*2)。かつてRDのもうひとつの売りだった予約操作などのネットとの連携機能も大幅に削減されており、この面でもPanasonic(DIMORA)にお株を奪われてしまっている有様だ。

そして東芝RDシリーズは出来ることも多い反面、「(特に偶数型番で)動作安定性が低い」という重大な欠点が存在する。フリーズなどは当たり前で、最悪の場合には録画番組が全て吹っ飛ぶことも覚悟して使う必要がある(*3)。それに対し今使っているDIGAはすこぶる安定している(*4)。やはりHDDレコーダで一番重要なのは複雑な機能よりも安定性、これが1年ほどDIGAを使ってみてしみじみ感じだことだ。ましてや不安定な上に機能面でも劣っているというのではお話にならない。

唯一購入する理由があるとすれば、それは価格面だろうか。発売後に大幅に値崩れして半額以下なるようなことがあれば予備機として買ってもいいかも知れない。なんにせよ、少し出るのが遅すぎた(*5)。

(*1) 地上波の見るだけ番組はtorne、BS/CSや残したい番組はDIGAと使い分けている。

(*2) AVC録画が1系統・DVD-RAM(録画)に非対応・番組持ち出しに非対応…など。

(*3) 実際に数回経験済み。この致命的とも言える欠点を改善しない限りいくら大容量のHDDを載せても無意味だ。

(*4) 親戚や友人も何人か所有しているのを知っているが、未だかつて何か不具合が出たという話を聞いたことがない。

(*5) というかまだ出てない。RD-X10に至っては殆ど年末……。

>>続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。