スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3値下げで始まるゲーム業界崩壊の序曲

■ ゲーム Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-09-22 at 18:50:29

◆共有テーマ: 日記・雑記 [ゲーム]

……なんて、ちょっと狙って扇動的なタイトルを付けてしまいましたが、今回の発表を知って最初に思い浮かんだのが何故かこの言葉だったのだから仕方がない(笑)。

しかし、任天堂は2年前の空白の17分間のリベンジを見事にやられてしまいましたね。今回は完全に、サプライズはSCEIのものとなりました。もともとの価格が高すぎたために、5万円弱という決して安くはない価格にも関わらずお買い得だと思ってしまうマジック。ゲーム機能を抜きにしてBDプレイヤーのためだけに買うという選択肢も十分ありになってきました(買いませんが)。

本来7万円でも赤字だと言われていただけに、まさに赤字覚悟の出血大サービスといったところでしょうか。「赤字でハードを売るのは健全でない」と言っていた任天堂ですが、対抗策を打たないわけにはいかなくなってきました。本体価格の改定はないにせよ、リモコンをもう1本セットにするとか、VC用のWiiポイントを2000ポイントくらい同梱して売るとかしないとまずいような気がするのですが。

しかしまぁ久夛良木さんも相変わらず寝言壮大な夢を語っていらっしゃるようで。ハコさえ用意すればあとは「才能のある人たち」が勝手にソフトを作ってくれると本気で信じているようですが……、「~だろう」「~はずだ」ばかりでちっとも具体性が見えてこないんですが。

今のSCEIに隙があるとしたらまさにこの「現実のサービスを用意する」という部分でしょう。MicrosoftXbox Live、AppleはiTunes。そして任天堂でさえWiiチャンネルというサービスを前面に打ち出さざるを得ない現在の状況の中で、PlayStation3に関してだけは発売2ヶ月を切った今に至っても具体的なサービス内容は不明なまま。あ、サンプルゲームを買うと漏れなくアイテム課金地獄が付いてくることだけは理解しましたが(笑)。

しかしまぁ、なんだかんだいっても今回の価格改定でPS3の普及見通しを上方修正せざるを得なくなったことは間違いないわけで、少しWii寄りに軸足を移しつつあったソフトメーカーは今頃対応に苦慮しているのでないでしょうか? これでPS3から完全に手を引くわけにもいかず、かといって高騰する開発費に見合う売り上げが期待できるかどうかは不透明…というジレンマに陥りそう。PSPのときは想定外の低価格に惑わされてどっと参入してしまったためにDSの大ブームの恩恵に預かれなかったわけですが、果たしてPS3ではどっちに転ぶのか。まさに一か八かの消耗戦を強いられることになりそうです。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。