スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sage++ (Higmmer's Edition)の新しい更新チェック機能について

■ 自作ソフト Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-10-13 at 04:06:29

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

Last updated on 2011-09-25

Sorry, English document is not available.

Sage++ (Higmmer's Edition)では、更新チェック機能を拡張して次の3つのことが可能となっています。

  • 更新されたフィードを自動的に開く
  • 更新されたフィードを1つのタブにまとめて開く (Version 2.0.0以降で対応)
  • 更新チェックのタイムアウト時間を設定する

以下、これらの機能について説明します。

更新されたフィードを自動的に開く (まとめ読み機能)

※Version 2.3.5で行われた仕様変更(機能追加)についてこちらのエントリも参照して下さい。

更新チェック実行時に、更新されたフィードを自動的に開くことができる機能です。ツールメニュー又は設定ダイアログ内の「更新されたフィードを自動的に開く」がオンの時に有効となります。

新しいツールメニュー

更新チェックを開始するには以下のいずれかの操作を行います。

  • 全てのフィードを一括してチェックするには
    → ツールバーの更新チェックアイコンを押す
  • 特定のフォルダ内のフィードをチェックするには
    → フォルダ上を右クリックして表示されるメニューから更新チェックを選択
    → 又はフォルダ上でミドルクリックするか、"Alt+C"を押す (Higmmer's Edition独自操作)

更新チェックが終了すると検出されたフィードが項目リストに自動的に展開されます。更に「フィードを整形して表示する」がオンの場合は個々のフィードが新しいタブとして開かれます。設定ダイアログ内の「1つのタブに統合して開く」をオンにすることでフィードを1つのタブにまとめて開くことも可能です。

ミドルクリックひとつで更新チェック開始! ミドルクリック一発で更新チェック開始!すると…。

更新チェック中、フィードツリー下部(項目リストのタイトル部分)には処理の進行状況を示すメッセージが表示されます(項目リストを表示している場合のみ)。

自動更新中 更新チェック中:検出されたフィード数を表示
ページ生成中 ページ生成中:残りフィード数を表示
自動更新の限界を超えました 自動的に開くフィード数が限界を超えた場合

尚、自動的に開かれるフィード数は1回の更新チェックにつき16個に制限されています(デフォルト時)。更新が検出されたフィードがこの数を超えると、それらは開かれずに更新状態アイコンのまま残ります。その場合はフィードツリーのタイトル部分に開かれなかったフィード数が表示されています。

フィードが残っています 開かれなかったフィードが残っている場合

更新状態のフィードが残っている場合、それらは次の更新チェック実行時に優先的に開かれるように調整されます(更新チェック自体はスキップされます)。ユーザーは残りのフィードがなくなるまで同じフォルダ上で更新チェックを行うことで更新されたフィードを全て読むことができます(※)。コンテキストメニューから「更新されたフィードを開く」を選択することで続いてフィードを開くことができます(Version 2.3.5からの新機能)。

(※) サーバーの過負荷になるような過度の更新チェックは行わないようにお願いします。

更新チェックの実行中に何らかの理由で中断する必要が生じた場合はSage++のサイドバーをいったん閉じて下さい。ツールバーの更新チェックボタンを押して下さい。

自動的に開くフィード数の上限を設定する (Sage++のみ)

【設定名】
 sage.auto_update_limit   (整数値)     <Sage++ 1.3.11.5 以下>
 sage.auto_update.limit   (整数値)     <Sage++ 1.3.20.0 以上>
 extensions.sagepp.auto_update.limit   (整数値)     <Sage++ 2.3.0 以上>
【デフォルト】
16
【メニューから】
設定 → 更新チェック → まとめ読み → 上限フィード数

「更新されたフィードを自動的に開く」機能において、自動的に開かれるフィード(タブ)数の上限を設定します(※)。あまり大きな数を設定するとシステム及びネットワークへの負荷が大きくなる可能性がありますのでご注意下さい。ちなみにこの値をゼロ(以下)に設定した場合は自動的に開く機能は働かなくなります。

(※) これはあくまで自動的に開くフィード数を制限するだけであり、更新チェック自体の上限を設定するものではありません。

更新チェックのタイムアウト時間を設定する

【設定名】
 sage.check_update_timeout   (整数値)     <Sage++ 1.3.11.5 以下>
 sage.update_check.timeout   (整数値)     <Sage++ 1.3.20.0 以上 及び Sage-Too>
 extensions.sagepp.update_check.timeout   (整数値)     <Sage++ 2.3.0 以上>
【デフォルト】
10000 (10秒)
【メニューから】
設定 → 更新チェック → その他 → タイムアウト時間

更新チェックの実行中、各フィード毎の通信に許容するタイムアウト時間をミリ秒単位で設定します。この時間を超えてサーバーからのレスポンスがなかった場合は通信を中止して次のフィードに移ります。タイムアウト機能を無効にしたい場合はこの値をゼロ(以下)に設定して下さい。尚、この値が1~999(ms)の場合は1000(ms)が設定されたとみなします。

この設定は「更新されたフィードを自動的に開く」がオフの時でも有効です。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。