Sage++ (Higmmer's Edition)の広告ブロック機能の使い方について

■ 自作ソフト Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-11-14 at 04:55:41

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

Last updated on 2011-09-25

Sorry, English document is not available.

このエントリではSage++ (Higmmer's Edition)及びSage 1.9.3以降に搭載されている広告ブロック機能の使い方について説明します。

広告ブロックフィルタの適用対象

広告ブロックフィルタは以下の3つの項目に対して働きます。

  1. 各エントリのタイトルに設定されているリンク
     → 特定のURLパターンを持つエントリを遮断します
  2. 各エントリの本文(コンテンツ)内の任意の要素に含まれる、URL記述用の以下の属性
    action, archive, background, cite, classid, codebase, data, dynsrc, href, longdesc, lowsrc, src
     → 特定のURLパターンを持つ属性を遮断します(要素自体は残ります)
  3. 各エントリのタイトル
     → 特定の語句をタイトルに含むエントリを遮断します

(2)のフィルタはHTMLフィルタの一部として動作しますので、事前に対象とする要素/属性を許可しておく必要があります(HTMLフィルタの設定方法についてはこちらのエントリを参照して下さい)。

(参考情報)
これらのフィルタは購読している全てのフィードに対して適用されます。特定のフィードのみをフィルタリングしたい場合はこちらのエントリへどうぞ。

広告ブロックフィルタの設定

【設定名】
 sage.filter_adblock_regexp   (文字列)     <Sage++ 1.3.11.5 以下>
 sage.filter.adblock_regexp   (文字列)     <Sage++ 1.3.20.0 以上 及び Sage-Too>
 extensions.sagepp.filter.adblock_regexp   (文字列)     <Sage++ 2.3.0 以上>
【書式】
正規表現|正規表現| ...
※前後のデリミタ("/")は不要、正規表現には自動的に"i"オプションが付加されます
 (大文字小文字の区別なし)
【デフォルト】
(未設定)
【メニューから】
設定 → コンテンツエリア → 高度な設定 → 広告ブロック → URLフィルタ

遮断(ブロック)するURLパターンを正規表現で記述します。例えば次のように記述します。

/ad[a-z0-9._-]*|/banner[a-z0-9._-]*|/PR[a-z0-9._-]*|/click[a-z0-9._-]*\?a=
 → 上記パターンにマッチするURLを遮断する

feed\.example\.com/rss/img/
 → "feed.example.com/rss/img/"から送られてくる画像を遮断する

ちなみに広告ブロック機能という名前が付いていますが、実際にはURLがフィルタにマッチしているかどうかを判定しているだけですので、遮断できるのは何も広告だけとは限りません。例えばソーシャルブックマークやニュース収集/ランキング系サイトのように複数ソースから合成されているフィードについて、ある特定のサイトからのエントリは読みたくない……といった場合に使用することも可能です。


【設定名】
 sage.filter_adblock_title   (文字列)     <Sage++ 1.3.11.5 以下>
 sage.filter.adblock_title   (文字列)     <Sage++ 1.3.20.0 以上 及び Sage-Too>
 extensions.sagepp.filter.adblock_title   (文字列)     <Sage++ 2.3.0 以上>
【書式】
語句 語句 語句 ...
※空白区切りで語句を列挙します(大文字小文字の区別なし)
 ワイルドカードや正規表現は使用できません
【デフォルト】
AD: PR: [PR]
【メニューから】
設定 → コンテンツエリア → 高度な設定 → 広告ブロック → タイトルフィルタ

特定の語句をタイトルに含むエントリを遮断します。例えば次のように記述します。

AD: PR: PR: [PR] 【PR】 【PR】 【注目】
 → よく見かける広告エントリを遮断する

広告エントリをブロックしたいだけの場合は上記の設定で十分でしょう(2008/4/27現在)。

広告ブロック機能の動作を確認する

広告ブロックフィルタによって遮断されたエントリ/属性は以下の方法で確認できます。

  • 遮断されたエントリ
    →エラーコンソール(JavaScriptコンソール)に当該タイトルとリンクが出力されます
  • 遮断された属性
    →HTMLフィルタのログとして出力されます(デバッグモード(※)で動作している時のみ)
(※) デバッグモードについてはこちらのエントリの末尾を参照して下さい。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

■ すばらしい!
Posted by kira (ID:-) [URL]  on 2007-09-07 at 20:15:53 [編集]
最近、ニュースサイトのRSSに広告が入るようになって、非常に読みにくくなって困っていたところ、ひぐまさんのサイトにたどり着きました。

早速Sage++を導入し、このページの広告ブロックを設定したところ、見事に広告の要素が表示されなくなり、非常に読みやすくなりました!

今後もSage++が公開し続けていただければ幸いです。
Posted by こころ (ID:cQyzk4nw) [URL]  on 2014-07-11 at 20:58:42 [編集]
エントリのタイトルでブロックする場合にスペースは入れられないのですか?
「: PR」が入っているタイトルをブロックしたいのですが、
「:」の後にスペースを入れようとするとOKボタンがグレーアウトして押せません。

と思ってextensions.sagepp.filter.adblock_title見たらデリミタとしてスペースを使ってるので無理っぽいですね...

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲