スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそ本当にさようなら、ノートン先生。

■ ネット Posted by ひぐま (Higmmer) on 2007-01-23 at 22:17:59

◆共有テーマ: インターネットセキュリティー [コンピュータ]

値上げされた新製品の購入を半強制的に迫ってくる彼とこれ以上つき合うことはできない。

更新終了となってしまったNorton Internet Security(以下NIS) 2003から2006にアップグレードしたのが去年の2月初め。インストールに際し様々なトラブルに見舞われながらも(*)なんとか安定動作するようになり、それから約1年間に亘ってうちのPCを外敵から守ってくれたノートン先生。でも、今度ばかりは我慢の限界。遂に先生とお別れしなければならない日がやってきてしまったようです。

(*) 参考: さようなら、ノートン先生(1) (ひぐまのひまグ)

何も知らないユーザーを待ち構える強制アップグレードの罠

更新サービスの期限終了まであと10日と迫った今日、当日の予行演習にとサービス延長を申し込むボタンをクリックしてみたところ、ブラウザにシマンテックストアのページが開きました。新製品の紹介と並んで一番下に「現在の製品を継続して利用される方はこちら」とあったのでそこを見てみると…。

Windows XPでご使用中のお客様は「申し込みコード」をご購入いただき更新サービスの期限を 延長することで、2007に搭載されている最新の機能が利用可能になります。詳しくはこちらをご覧ください。
※製品の機能は追加、変更、削除される場合があります。

(赤字は筆者による)

シマンテックストアの更新サービス延長ページより

一瞬この文章を読んだだけでは理解できず危うく購入ページに飛びそうになってしまいましたが、よくよく読むとこの「申し込みコード」なるものをを購入すると自動的にNIS2006から2007へのアップグレードに同意したことにされてしまうようです。つまり「更新サービス期限延長申し込みコード」ではなく実際には「NIS2007へのアップグレード申し込みコード」でありながら、単に「申し込みコード」とだけ表示することでユーザーの錯誤を狙い、知らない内に新製品を買わせようとしているとしか思えません。

仕掛けられた罠はそれだけではありません。「詳しくはこちら」と書かれたリンクをクリックすると、詳しい更新内容の説明ページではなく、なんと「ノートンアップデートセンター」という最新版のインストールページに飛ばされてしまうのです。しかもそのページがセキュリティ対策企業とは思えないほどずさんな作り。ファイルのMIMEタイプ設定が不適切なため、IE6 SP2のオプション設定で「拡張子ではなく、内容によってファイルを開くこと(*)」を無効にしていると次のような警告が出て動作しないのです。

ノートンアップデートセンターのポップアップ(クリックで拡大)

ノートンアップデートセンターから開かれたポップアップ。このファイルの拡張子は msi であるが、Content-Type は text/plain に設定されているため、中身がテキスト形式で表示されてしまっている。

(*) これが有効になっていると画像ファイルなどを装ってスクリプト等を混入させることが可能になるので必ず無効にしておくべき。詳しくはここここを参照。

ここで調査中止したためこの先は確認していませんが、このまま続行すればActiveXコントロールがインストールされてユーザーの環境を調査した後、半強制的に新バージョンを送りつけてくるであろうことは目に見えています。実際にはアップグレードしかできないのに「現在の製品を継続して利用」できるかのように偽り、「アップグレード申し込みコード」を「申し込みコード」と詐称。しかも詳細を確認しようとするユーザーにはダメ押しのActiveXを用いてアップグレードを強要する。まさにマルウェアまがい、いやそれ以上の暴挙と言っても過言ではないと思います。

機能は減ったのに価格は値上げ

それでも今後も定義ファイルの更新サービスを受け続けようと思えばNIS2007にアップグレードするしかありません。しかしなんと、NIS2007では更新価格が値上げされたにも関わらず……。

シマンテックストアに表示されている「申し込みコード」の価格は5,985円で、これはすぐ上にある最新版のダウンロード価格と同じ。実質的な中身が同じだから当たり前ですね。NIS2003から2006へのアップグレード価格は5,565円でしたから、およそ400円の値上げです(バージョンが「1」しか違わないのに!)。しかもNIS2003の時は年間4,200円で延長キーが購入できましたから、そこから考えると約1,800円もの値上げとなります。バージョンを重ねる毎に着々と値上がりしていることが分かります。

しかも価格が値上げされたにも関わらず、NIS2007は2006に比べて幾つかの機能が削除されているらしいのです。

[削除された機能]
  • 場所に基づくセキュリティポリシー機能
  • 通信状況等をグラフ表示する機能
  • 一部のプライバシー保護機能
  • ActivX や Flash を遮断するセキュリティ保護機能
  • 詳細なログ機能
[Add-on Pack(無償)に移行した機能]
  • 保護者機能 (一部機能削除)
  • Norton Anti SPAM (一部機能削除)
  • 広告ブロック機能

(2chセキュリティ板のこのスレを元に筆者が編集)

NIS2006に比べて2007では動作が軽くなったと言っていますが、機能が減ったのだからある意味当たり前といえば当たり前(*1)。なるほど先ほどのシマンテックストアをよく見てみると、確かに「製品の機能は追加、変更、削除される場合があります」と書かれています。しかしこのページを見てみると新機能及び強化された機能については書かれていますが、削除された機能のことはどこにも書かれていません。どうせユーザーに選択の余地は無いのだから説明してもしなくても同じということでしょうか? バカにするのもいい加減にして下さい(*2)。

(*1) そんなことする前に、初心者に恐怖心を植え付ける糞重いアニメーションを止めろと小(ry。

(*2) とはいえ削除された機能の中で個人的に使っていたのはプライバシー保護のReferer/User-Agent遮断機能と広告ブロック機能くらいなので、Add-on Packを入れるまでもなくFirefoxの拡張機能で補完すればいいだけの話ではあるんですが。

ところでこちらのページにはこんなことが書かれています。

2006年版のユーザーは、シマンテックが提供する更新サービス(サブスクリプションサービス)の一環として、インストール後1年間までは最新のセキュリティ機能を追加費用なしで利用できる。更新サービスの有効期間内にあるユーザーは、「ノートン アップデートセンター」を通じて、最新の製品機能にアップグレードできる。

シマンテック、「ノートン2006」利用者向けに無償アップグレード (Internet Watch)

今にして思えばこれは無償という言葉でユーザーを釣って、いつの間にか高い更新料を払わなければならないようにするための罠だったのですね。「追加費用なし」と謳っていますが、この仕組みを利用してアップグレードしても残存する更新サービス期限そのものが延長されるわけではなく、期限が来れば普通に更新料を払わなければなりません。しかも、この分だと次のNIS2008ではまた「アップグレード」と称して更に値上げした価格をふっかけてくるということも十分考えられます。まさにアップグレード地獄。残念ながら、もうこれ以上先生についていくことはできません。

*

というわけで、もう見切りをつけました。これから更新サービスの期限が切れる10日後までの間にウィルス対策ソフトとファイアウォールのそれぞれについて代替ソフトを探そうと思います。フリーソフトで揃えるなら今のところNOD32 AVG + ZoneAlarmの組み合わせが良さげ。でもKaspersky Internet Securityも気になるところではあります。これもNISと同じ統合セキュリティソフトですし、試用版からだと5,775円で製品版が手に入って(しかも15ヶ月使える)、年間更新キーが4,095円。トータルコストを考えるとNISに比べてかなり割安です。とりあえず試用版を落としてみるかな……。

なにはともあれ。さようなら、ノートン先生。

※ノートン先生ときれいさっぱりお別れするためのノートン削除ツールはこちらにあります(笑)。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

Tracked from NEDIA  on 2007-02-02 at 19:43:42
>今度ばかりは我慢の限界。遂に先生とお別れしなければならない日がやってきてしまったようです。http://himag.blog26.fc2.com/blog-entry-186.html

PageTop▲

コメント

Posted by ち (ID:-) [URL]  on 2007-01-24 at 18:42:23 [編集]
こないだノートンからカスペルに移行しましたが、使い勝手悪くて僕には合いませんでしたよ。
ずっとノートン使い続けてるからかもしれませんが、とにかく使いづらかったのでノートンに戻ることにしました。

自動アップグレードの件は自分で分かっているようならばいいんじゃないですか?って感じです。
確かに何も知らない初心者を簡単にバージョンアップさせるための企みなのかもしれませんが、それによってノートンの安全性が揺らぐわけではないですしね。
■ 情報ありがとうございます
Posted by ひぐま (ID:z1/vyMRg) [URL on 2007-01-24 at 22:11:22 [編集]
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0612/14/news072.html
確かにここらへん見ると、カスペルスキーは設定画面はシンプルですが
カタカナ言葉が多くて分かりにくいような感じですね…。
一から環境を構築し直すのは確かに大変そうです。
Posted by likedual (ID:TNzyMw0c) [URL]  on 2007-01-24 at 23:00:37 [編集]
コストパフォーマンスならavastのフリー登録がいいですよ。
フリーでも去年のvirus.grのテストではノートンと同程度の検出結果でした。
ノートンは性能や機能より広告戦略で売れているのではないでしょうか。
■ なるほど
Posted by ひぐま (ID:z1/vyMRg) [URL on 2007-01-25 at 01:56:54 [編集]
以前どこかでavast!とZoneAlarmは相性が悪いという話を聞いたことがあったのですが、
最近のは大丈夫みたいですね。
候補に入れてみます。
■ ところで
Posted by たろろ (ID:-) [URL]  on 2007-01-25 at 02:12:10 [編集]
ウイルスバスターの選択肢はないのでしょうか!?
■ う~ん
Posted by ひぐま (ID:z1/vyMRg) [URL on 2007-01-25 at 02:20:46 [編集]
バスターは……正直あまり良いイメージないです。
2007になって重くなったという話もあるみたいですし…。
Posted by untitled (ID:-) [URL]  on 2007-01-26 at 10:05:13 [編集]
私も同じ理由で最近ノートンをやめました。メインマシンは投げ売りされてたカスペルスキー旧版(ver5/500円)、それ以外のマシンは Avira AntiVir PersonalEdition Classic にしました。ファイヤーウォールはポートの開閉とアプリケーションのコントロールができりゃいいやということで、そのままノートンを使い続けてます。
Posted by a (ID:-) [URL]  on 2007-01-26 at 23:15:23 [編集]
私は、ノートンとかウィルス対策ソフトいれたことないですが、深刻なウィルス感染したことがありません。
フリーのFWソフトは入れてますが。
ウィルス対策ソフトは本来不要ですが、危機感を捏造する広告戦略がすばらしい業界ですね。
Posted by 名無しさん (ID:-) [URL]  on 2007-01-27 at 08:47:34 [編集]
NOD32でいいんじゃまいか
めっさ軽いっすよ

|彡サッ
■  
Posted by 無銘 (ID:-) [URL]  on 2007-01-27 at 13:11:44 [編集]
avast!&ZoneAlarmで過ごして約2年。私は2005の時に先生とお別れしましたが、様子が芳しくないようで心配です。
最近近所のおじいちゃんにPCを組みましたが、初心者ということもありバスターを使いました。以前に比べやや重くなっていますが気になるほどではなく、使いやすさを考えれば初心者を含む万人向けではないかと思います。
カペルスキーやNODのユーザーが近場にいないので触感が分りませんが,カペルスキーもそこそこ重く、NODもアップグレードが進むにつれ徐々に重くなってると聞きます。
仕事量と重さは比例せざる得ないですから、どのあたりで妥協するかということにりそうですね。
Posted by 菜奈資産 (ID:-) [URL]  on 2007-01-27 at 13:40:32 [編集]
よくわかりませんがあまりよくないみたいですね、ノートン先生。
どのウイルスバスターに移行しようかな・・・すごい悩む。
軽くてウイルスからしっかり守ってくれるのがいいなあ。
■ セキュリティソフトが増えて選択が・・・
Posted by アイヴァーン (ID:hP3MlqI.) [URL]  on 2007-01-27 at 14:18:32 [編集]
セキュリティソフトが増えて選択肢が広がったのはいいのですが,選定に決定打が見あたらないことが悩みどころですね。
自分もWindows Vistaをにらみ,現在使用中のウィルスバスター,McAfeeの旧版からの移行を検討中です。(ナゼ2つかというと,リスク分散のためメイン・サブそれぞれのマシンを別のセキュリティにしたためです。)

そんなわけで,ITmedia +D PC Userでの比較レビューを参考にしてみました。それによると,平常時・リアルタイムスキャンの負荷(正確には午後のこ~だのインストール時間)は世間の評判に違わずNOD32が一番軽快なようです。次点が僅差でウィルスバスターとなっています。カスペルスキー・McAfeeはそれぞれノートン先生よりもわずかに軽快なようです。
一方,手動(フル)スキャンの傾向は,“ウィルスバスターは負荷は高いが短時間で,カスペルスキー・McAfee・ノートン先生は負荷は軽いが時間がかかり,NOD32は負荷は比較的軽く時間も短い”といった感じのようです。
その他,迷惑メール検出率や価格比較がなされているのですが,その結果トータルバランスでウィルスバスターがよさげ?ってな感じのレビューでまとめられていました。
ITmedia +D PC USER:最強はどれ? 2007年版セキュリティソフト徹底比較(後編) (1/3)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0612/15/news112.html
■ バスター
Posted by 奈々氏 (ID:-) [URL]  on 2007-01-27 at 15:13:50 [編集]
ウイルスバスターは2007になって糞重いです・・・
1ライセンスで3台までインストール可能になったけど
■ ノートン先生
Posted by BCJ (ID:vrcwrPgg) [URL]  on 2007-01-27 at 15:55:55 [編集]
うちのノートン先生2006は年末あたりから、試用期限切れと言う誤作動で停止するバグが出てました。
サポートに問い合わせても、その日だけ使えるようになる程度で、全然状況が改善されず、先日IE7を入れたところ、ログ開くだけでエラーが出るようになりました。
その件をサポートに連絡したところ、「シマンテック製品はIE7はサポート対象外だからアンインストールしてIE6を使ってくれ。」と強気な返答をいただきました。
インターネットをするためのセキュリティソフトじゃなくて、セキュリティソフト動かすためにブラウザ選ぶって本末転倒なんですけどね。
今後変わっていくOSやブラウザを考えると、もうノートン先生とはサヨナラかなと。
まだ、半年も期限が残ってるので、機能縮小版の2007使うしか選択肢が無くなったのが不満です。
せめて、スパムフィルタ設定の”言語フィルタ”ぐらい残しておいて欲しかったですが。
Posted by 名無しさん (ID:-) [URL]  on 2007-01-28 at 00:22:20 [編集]
AVGおすすめですよ。軽いですし一年以上使ってますが、不具合も無くがんばってくれてます
Posted by にょ (ID:-) [URL]  on 2007-01-28 at 01:09:02 [編集]
当然 avast4!
ふぉー
■ 皆さんありがとうございます
Posted by ひぐま (ID:z1/vyMRg) [URL on 2007-01-28 at 03:06:26 [編集]
皆さんの情報興味深く拝見してます。
フリーという条件なら機能のavastか、軽さのAVGというところでしょうか。
どちらかというとノートンはファイアウォール機能が気に入っていたので
期限切れのままFWだけ使って、ウィルス対策はNOD32
……というのも考えたんですが、
期限が切れたノートン先生はお怒りになる(笑)という話もあるようで。
悩むなぁ……。
ちなみに期限まであと6日になりました(汗
Posted by 名無しさん (ID:QwzcE0XA) [URL]  on 2007-01-28 at 08:10:24 [編集]
自分もノートン先生とさよならしたクチです。
OSが2000なのですが、最新版をダウンロードしたらXP専用。しかも更新料がクレカ自動引き落とし。
別に停止処理をしないと1年後、更新料金が自動的に引き落とされてしまうというのはあんまりです。
ナメてんのか、と。まあ、対応OSを見落とした自分にも落ち度があったとは思いますが、それにしても、ねえ。
Posted by    (ID:-) [URL]  on 2007-02-02 at 11:13:41 [編集]
12月31日でノートンが切れてしまったので延長しようと思ってたのですが・・・

マカフィーあたりに乗り換えるかな
Posted by IT業者 (ID:-) [URL]  on 2007-02-02 at 11:44:24 [編集]
有名どころは全て一定期間使いましたが、AVGが一番良いです。

使ってみた感触を。
■ウィルスバスター:若干重い、ファイアーウォール機能が必要なアプリまでシャットアウトする事がある。しかもそれをダイアログなどでアナウンスしない。
■ノートン先生:超重い、LiveUpdate等ごちゃごちゃインストールされる。
■AVAST!:自分の環境だけかもしれないが不安定。でも上記2個よりは使いやすいし軽い。日本語対応なのは大きい
■AVG:ダウンロード、インストールが早い、動作が一番軽い、パターンファイルのアップデートも頻繁、唯一デフォルトだとフルスキャンを朝8時に始めようとするのは早起きの自分にとって酷。導入後時刻を変更する必要有り。あと英語なのもアレルギーな人にはつらいかも。
※でも英語と言っても超簡単な単語なので、AVGをお薦めします。
Posted by メニモノ (ID:-) [URL]  on 2007-02-02 at 23:29:36 [編集]
もっさりしたページですね。
■ 軽いソフト
Posted by ウイル・スキー (ID:r0DGmosw) [URL]  on 2007-02-02 at 23:53:16 [編集]
基本的に軽くて、スキャンが短時間で終わるソフトはそれだけ検出率が低いだけです、まあ当たり前といえば当たり前ですけど、所詮コンシューマーはここらへんでころっとひっかかります。
ウイルスバスター、ソースネクストの激安ソフトがそうですね。値段と機能のバランスでいえばマカフィーとかかなりお得だと思いますよ。
Posted by 煮込みうどん (ID:NIRxpT.s) [URL]  on 2007-03-01 at 11:31:17 [編集]
カスペルスキーやNOD32がアップデートの度に重くなると言うのは一部の環境依存の問題か
FUDなんじゃないかな?と思います。KIS6.0.2.675はKAV5から比べても相当軽いです。
初期設定が優秀なので何も弄る部分は無いと思いますが・・・弄りたい気持ちは分かりますw
NOD32 2.5から2.7に、先日の2.7の修正と、体感でも分かるくらい軽くなってます。
実際に試用される場合、現環境に以前のセキュリティソフトの残骸が潜んでいる可能性が大なので
各社提供の削除ツールの使用をお勧めします。
■ もう遅いけど…
Posted by 通りすがり (ID:99DFA69w) [URL]  on 2007-04-30 at 18:37:46 [編集]
確かにあの文章読むと、まるでNIS2007に強制的にアップグレードされそうだけど…されないよ。
だってWin2000ユーザが、勝手にアップグレードされたら使えなくなるしね。自分はXPだけど、2006のままちゃんと更新できたよ。(サポセンに問い合わせれば教えてくれる)
ただ指摘の通り、シマンテックストアの書き方も悪いし、値段も高くなったしでイイことなしなのは事実だね。だから見切りをつけたのは、正解だと思う。

以上、もう遅いと思うけど…申し込みコードによる強制アップグレードはないってことで。(でも「詳しくはこちら」のリンクは、自分も試してないから分からない)
■ やっぱこれでしょ
Posted by pppp (ID:-) [URL]  on 2007-06-09 at 15:26:30 [編集]
avast!4.7なかなかおすすめです。ウィルス検出3時間ぐらいですし、何よりノートン先生は強引に金払わそうとしてくるが
avast4.7は結構長い間自動更新でその間強引なしですしかも検知力結構大です。
しかもやられてもハードディスク食われるけどバックアップとってくれるしぼくのなかではavast4.7最強です。
Posted by かっかん (ID:iU4puUNs) [URL]  on 2007-08-04 at 15:28:27 [編集]
私もノートン先生とは2004→2007に移行した際のあまりの重さに耐え切れずおさらばしました。
今はバスター2006ですが非常に軽く感じてます。ただ、ノートンのような絶対的な安心感がないというか、
個別ファイルスキャン→ウィルスなし、全体スキャン→ウィルス発見というのが1.2回あったのが微妙です・・・。
ちゃんとリアルタイム検索してくれてんの?ってくらい軽いせいもあるかもですが。

因みにバスター2005の延長キーを買おうとした際、このエントリーで書かれているような
ことがありました。本体から「シリアル購入」ボタンを押したら2007のページに直行。
結局継続ではなく2007の購入ページでシリアルを買い、2006の実行ファイルを別に落としてきて、
そっちで購入したシリアルを使い今に至ります。
どこも似たような感じ・・・なのかな。
■ 2008がどうなることやら
Posted by こぺ (ID:nLnvUwLc) [URL]  on 2007-09-04 at 15:50:44 [編集]
>かっかん氏
ウイルスバスターの延長キーの名目はウイルスバスタークラブ年会費ですよ
キーの期限はクラブの有効期限であり、2006のキーも2007のキーも同じ値段です(更新パック除く)
Posted by 匿名 (ID:-) [URL]  on 2007-09-18 at 19:07:35 [編集]
自分もノートンの金払え、の通告にうんざりして乗り換えを計画し、体験版を使用してきましたが・・・
カスペルスキー6,7 → 検出率はかなりのものなのはたしからしく、ノートンで検出しなかったものを検出してくれました。ですが、ノートンよりも重いです。
マカフィー → アンチウイルス・ファイアウォールは軽くていいんですが、他の機能がまったく使い物になりません。むしろPCが不安定になります。
ウィルスバスターは重いとよく聞くので使うつもりはありません。他のセキュリティソフトはあまり信頼できないですし・・・
ゲームなどをやるつもりがないのならカスペルスキーをおすすめしておきます。
自分はゲームをやるのでノートンに戻ろうかな、と計画してます。
■ セキュリティ対策ソフト「金山毒覇」
Posted by だるま (ID:8VFDsj1w) [URL on 2007-10-15 at 21:10:52 [編集]
http://home.elmblog.com/web/000886.html
昨年春に書いたブログですが、私はKingsoftにしました。2007版が出たときにキャンペーンがあって、永久使用権2000円でした。定義ファイルは毎日のように更新されています。
正直言って、ウィルス対策ソフトがどの程度効果があるのかよく分かりません。道のウィルスなりスパイウェアなりがでて、定義ファイルが更新されていなかったら、セキュリティソフトはでくの坊ですよね。昨年に汚染された(と思っているだけで、暗号化ソフトの使用ミスかも知れないが)、その後に初めて購入(たった2000円)しました。それまでは、試用版だけで、あまりにも重いのでノートンもマカフェもバスターもみんなアンインストールしました。

スパイウェア対策にはフリーウェアのSpybot( http://home.elmblog.com/blog/000359.html )を使っています。いまはVistaも使っているのですが、Windows Defenderというのが付いています。なんだか良く分からなくて、また調べようと思っているところです。購入したVistaにはマカフェがあったので試用しましたがやっぱり重いので削除しました。さてさてどうするか悩みです。
ソフト開発者たちに聞くと、「ウィルス対策ソフトなんか意味ない」なんていう人が多いんですよね。まぁ攻撃の対象になりやすいIEは一昨年ころから使わず、もっぱらFirefoxですね。
■ 再検討してもいいのでは?
Posted by お節介 (ID:-) [URL]  on 2007-11-05 at 10:13:09 [編集]
ノートン先生は360もインターネット2008も更新が2年になりましたね!
あとひぐま氏のブログが効いたのか値段も安くなりアニメも軽くなりましたw
印象としては2006の半分。
2007の7割くらいになった感じです。

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。