スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NoScriptを長時間使い続けるとCPU使用率が上昇する問題

■ ネット Posted by ひぐま (Higmmer) on 2007-02-22 at 00:48:43

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

ここんとこSage/Sage++にまつわる脆弱性問題があったり、Firefox本体にも次々と脆弱性が発覚したり(*)と何かと物騒な世の中になっているようです。そうするとNoScript拡張の需要が高まるのは必然、というわけで私の環境にもNoScriptを導入してから暫く経つのですが、どういうわけか長時間(といっても0.5~1時間くらい)ブラウジングしているとだんだん動作が重くなり、気づいたらCPU使用率が90%近くに張り付いてしまっているという現象が起こるようになりました。

最初は原因が分からなくて拡張機能をひとつずつ無効にしたりバージョンダウンしたりして試していたのですが、どうやらNoScriptが原因らしい、というわけで調べてみたところ以下のことが分かりました。

  • スクリプトがブロックされるページを開いて閉じる毎にCPU使用率が1~2%ずつ上昇
  • スクリプトをグローバルに許可していると上記現象は再現しない
  • 通知バーを表示しないように設定していると再現しない
  • 通知バーが表示されても、先にそれを閉じてからページを閉じた場合は再現しない

以上の事実からどうも通知バーが悪さをしているのではないか? という推測の元で以下のパッチ(*1)を適用してみたところBingo!だったようで、この現象はどうやら収まったようです →対策が不十分でした。詳しくはこちらのエントリを参照して下さい。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。