はてブからネットイナゴを駆除(?)する「Hatebu Tag Killer」

■ ネット Posted by ひぐま (Higmmer) on 2007-06-17 at 02:47:20

◆共有テーマ: インターネットサービス [コンピュータ]

自分ははてなユーザーではありませんが、はてなブックマークのhotentryは情報収集に利用させてもらっています。勿論その多くは有益な情報で構成されているので情報源のひとつとしてはかなり重宝しているのですが、反面ある特定エントリにネガティブコメントが集中したり、はてなユーザー同士の内紛が繰り広げられている様子が延々と上がってきたりすることがありました。

個人的にはそういったエントリには興味がないのであまり見たくはないのですが、確か現在のはてブでは「○○を含むエントリ」を抽出することはできても逆はできなかったと思います。幸いにして自分が使っているSage++ (Higmmer's Edition)では広告ブロック機能が実装されており、それを利用すればURLでフィルタをかけることが可能なので、何度も目にする嫌なサイトはこれで除去してそれ以外は脳内フィルターを適用するなどの対策を取ってきました。

ところが最近では論争が拡大の一途を辿り、遂には外部サイトを巻き込んで一種の「同時多発はてな紛争」とでも言うべき状態になっているように思います。こうなってくるとURLフィルタだけではとても間に合いません。というわけで作ったのが次に紹介する「Hatebu Tag Killer」と「Hatebu Tag Killer G」です。

Hatebu Tag Killer

Yahoo! Pipesで記述したフィードフィルタです。はてブが生成するフィードから特定タグを含むエントリを除去することができます。除外するタグは16個まで指定可能(*1)。現在のYahoo! Pipesでは出力フィードのタイトルを設定することができないようなので、代わりに各エントリタイトルの先頭に特定文字列を付加する機能も付けてみました。

ただ残念ながらhotentryのRSSフィードでは最大で5つまでしかタグが出力されず、しかもその選別基準がイマイチ不明(*2)なのでこれだけでは多くのエントリがスルーしてしまいます。そこで以下の2つのPipeを用意しました。

これらはその名の通りタイトルやURLに特定の文字列を含むエントリを除去します(各16個まで指定可能)。URL欄にHatebu Tag Killerで生成したフィードのURLを入れることで更に絞り込みを行うことができます。勿論、他にも例えば広告エントリを除去したいような場合にも利用可能です。

注意点として、これらのフィルタを組み合わせる場合は必ず最初にHatebu Tag Killerから適用して下さい。これはYahoo! Pipesが出力するフィードからは何故かdc:subject要素=タグ情報が削られてしまうため、後からでは選別することができなくなるためです。

(*1) 実際はdc:subject要素を見ているので、はてブ以外でも複数カテゴリから成るフィードから特定のものだけを除去するというような使い方も可能。
(*2) 単純に上位5つのタグというわけでもなく、かといって新着順でもなさげ。というか普通に上位タグを拾わないのは何故なんだろう???

尚、URLが長くなりすぎると一部フィードリーダーにうまく登録できないことがあります。例えばlivedoor Readerは255文字以上のURLを強制的に切り捨ててしまいます。そのような場合、自分はFeedJumblerを噛ませるようにしています(本来複数フィードを結合するツールですがTinyURL的に使うことも可能)。しかもLDRでは不可能なタイトル変更もできて一石二鳥です(2008/4/13追記)。

Hatebu Tag Killer G

上記のフィルタでhotentryのフィードを見ている分にはかなり快適になったのですが、実際には特定エントリのコメントページを開きたい場合も多々あります。実ははてなにログインすると非表示ユーザーの設定も可能らしいのですが、ユーザーでない自分はこの機能を利用することができません。というわけで同様の動作をGreasemonkeyで実現するスクリプトを書いてみました。

  • hatebutagkillerg.user.js Version 1.0.2 (2008/11/26公開) 公開終了しました
    (※右クリックで保存後に拡張子を"user.js"に変更してFirefoxのウィンドウにD&Dして下さい)

このスクリプトを導入することで個別のエントリページから指定した条件に一致するコメントを除去することができます。指定できるのは「はてなID」「タグ」「コメント文字列」の3つで、条件にはプレーンテキスト(完全一致)又は正規表現が使えます。条件を設定するには直接コードを開いて該当箇所を編集して下さい。例えば以下のように記述します。

更にコメント無しのブックマークを除去することもできます。その場合は変数killEmptyCommentsの値をtrueに設定して下さい(デフォルトでtrue)。またlogOutputをtrueにするとフィルタの適用結果がエラーコンソールに出力されます。

ちなみにコメント欄上部に追加される [show/hide] ボタンを押すことで除去されたコメントの表示/非表示を切り替えることもできます。フィルタに引っ掛かったコメントは背景色がピンクで表示されるので、これを逆に利用して敢えて特定コメントをウォッチしてみるのもなかなか面白いかも知れません(笑)。

更新履歴

2008/11/26 Version 1.0.2
  • はてなブックマークのリニューアルに対応
2007/06/17 Version 1.0.0
  • 公開

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

■ トラックバック
Posted by ひぐま (ID:373tx3F.) [URL]  on 2007-09-07 at 23:58:18 [編集]
擬人化手法によるネットイナゴ問題の克服
http://rblog-biz.japan.cnet.com/takahito/2007/06/post_9193.html
Tracked from アート資本主義 on 2007-06-26 at 23:24:17
---
いまだにホットなネットイナゴ問題。個人的には脳内フィルターでスルーするのが最も健


※操作ミスによりトラックバックを削除してしまったので
 コメントにて復活させました (管理人)

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲