今こそ東芝はBlu-ray搭載のRD後継機を出すべき

■ デジモノ Posted by ひぐま (Higmmer) on 2008-02-20 at 23:57:13

遂に東芝がHD DVD事業から完全撤退することが正式発表された。

長年アナログRDシリーズのユーザーでありながら次世代光ディスク戦争を忌避して未だにデジタル機には手を出さずにいた自分にとってこれはまさに福音ともいえる決定……かと思いきや、そうでもないらしい。

HD DVDの終了後のBDプレーヤー/レコーダの開発/販売の可能性については、「現時点で、BDをベースにしたプレーヤー/レコーダを生産し、販売するという計画は全くありません」と言及。

東芝、HD DVD事業から撤退。3月末で終息に (AV Watch)

なんですと?!( ゚Д゚)

これが本当だとしたら今後はHD Rec搭載のHDD/DVDレコーダーで凌いでいくのだろうか。もしくはレコーダー市場から完全に撤退するということか。いずれにしても「がっかりだ」というほかない。

RDシリーズは殻RAM対応を捨てた時点で自分の中で半年以上前に終わっていたとはいえ、仮に東芝がBD陣営に参入すれば(自分にとって)最強のBDレコーダーが完成することは想像に難くない。特に今後「ダビング10」の運用が始まればその充実した編集機能は大きな武器となるはずだ。ここでそれを捨て去ることはHD DVDユーザーのみならずRDシリーズの全ユーザーをも切り捨てる二重の裏切り行為であると言わねばならない。

東芝にもプライドがあるのは分かるが、本当に消費者に迷惑をかけたくないと考えるのならば今こそ真にユーザーが求める施策を真っ向から打ち出すべきではないだろうか。

……というかBD搭載のRD-X7を出して下さいおながいしますorz。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲