スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sage++ (Higmmer's Edition) 2.0.0 リリース

■ 自作ソフト Posted by ひぐま (Higmmer) on 2008-06-23 at 03:57:25

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

Firefox3対応版Sage++ (Higmmer's Edition) 2.0.0をリリースしましたのでお知らせします。更新内容は以下の通り。

  • 更新フィードを1つのタブに統合して開く機能を実装
  • HTMLフィルタのデフォルト許可要素にINSとDELを追加
  • バージョン番号を3桁表記に変更
  • maxVersionを3.0.*に修正

インストールはこちらからどうぞ。

本バージョンより更新フィードを1つのタブでまとめて開く機能を追加しました。本機能を使うには以下の手順を行って下さい。

  • 「ツール→更新されたフィードを自動的に開く」をオンにする
  • 「設定→更新チェック→更新フィードを自動的に開く上限」が0でないことを確かめる
  • 「設定→コンテンツエリア→更新フィードを自動的に開く時1つのタブに統合する」をオンにする

その上で、開きたいフォルダ上でミドルクリック又はAlt+Cを押して更新チェックを行うと検出されたフィードが1つのタブにまとめて開かれます。その際、既読になっているエントリは出力から除去されますので、「ツール→フィードを開いた後に全て既読にする」をオンにしておけば一度読んだエントリが何度も表示されるのを回避することができます(*)。

(*) 但しそのままでは全エントリのリンクが既読色になって多少見にくいです。別途Read Manager for Sage++ 1.2.1以降を導入して「同期モード」に設定すれば強制的に未読色にすることができます。

統合フィードモードの制限事項

  • 既読・未読の判定はFirefoxの履歴システムを利用しているため「フィードを開いた後に全て既読にする」をオンにするとFirefoxの履歴が大量のエントリで埋め尽くされて激しく使い辛くなります(´・ω・`)
  • 同じ理由で、全てのエントリに同一URLが指定されているようなフィードではうまく働きません
  • 統合されたフィードではRead Managerの既読・未読管理機能は働きません

Read Manager for Sage++ 1.2.1 も同時リリース

同じくRead Manager for Sage++もバージョンアップしました。更新内容は以下の通り。

  • 同期モード時は本体側で既読でもRead Manager側で未読なら未読リンク色が適用されるようにした
  • 同梱の津波荘CSS使用時に同期モードがうまく動作しない不具合を修正
  • フィード保存不可メッセージをフィード概要欄に出力するように変更

ダウンロードはこちらからどうぞ。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。