スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sage++ (Higmmer's Edition) 2.2.0 リリース

■ 自作ソフト Posted by ひぐま (Higmmer) on 2010-02-03 at 00:41:54

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

本日、Sage++ (Higmmer's Edition) 2.2.0を正式リリースしました。今回のバージョンより Firefox 3.0.xと3.5.xに再対応し、Firefox 3.0~3.6のバージョンにて利用できるようになりました。これらのバージョンにおいて既にSage++がインストールされている場合はアドオンの更新を行うことで自動的にアップデートされます。

手動でのインストールは下記配布ページより行うことができます。

更新履歴 (2.2.0pre2 → 2.2.0)

  • Firefox 3.0/3.5/3.6に対応
  • OPMLインポート直後に更新カウンタが乱れる問題を修正
  • フィード解析における日時の解釈を柔軟化
    • RFC822/ISO8601で解釈できない場合は他方を試みる
    • RFC822においてタイムゾーン指定子"Z"と"JST"に対応
    • ISO8601において
      - 日付と時刻の区切りが"T"でなく空白の場合に対応
      - 時刻が指定されてない場合は"00:00"とみなす
      - 時刻があってタイムゾーンがない場合はローカルタイムが指定されたものとみなす

以前のバージョンにおいて、フォルダ上に更新カウントを表示している状態でOPMLインポートを行った後、すぐに追加されたフィードを開くとそのフィードより上位のフォルダの更新カウントが壊れるという不具合がありました(*1)。この問題は今回のバージョンで修正されました。

また、本バージョンよりフィード解析における日時の解釈をより柔軟に行うようにしました。これによりある程度規格外のフォーマットにも対応可能になりました(*2)。但し、ISO8601においてタイムゾーン(時刻ありの場合は必須)が指定されていない場合にローカルタイムを仮定することには賛否両論ありそうです。本来ならばこのような場合は協定世界時(UTC)として処理するのが正しいかとも思われますが、ユーザーの実使用環境においてはローカルタイムを仮定するのがより現実的と判断しました(*3)。

これによって問題が生じるフィードを発見した場合は作者までご連絡頂ければ対応を検討します。

(*1) フィードを開く前に並べ替えや更新チェックを行った場合は発生しません(だから今まで気付かなかった)。
(*2) 少なくとも作者が購読しているフィードで従来エラーが起こっていたものには全て対応。但し勿論ありとあらゆる場合に対応しているわけではありません。
(*3) というかぶっちゃけ、作者が購読しているあるフィードの仕様に合わせました(^^;

更新判定方法に関する補足

サイトによってはお知らせなどを常にトップに表示させることを意図して未来の日時を設定していることがあるようです。このような場合Sage++では正しい更新判定ができないことがあります(*4)。申し訳ありませんが今の所これに対応する予定はありません。理由は以下の通りです。

  • Sage++では過去に取得したフィードを保持するデータベースを持っていないため、過去との差分で更新判定をすることができない
  • フィードから生成したシグネチャを比較する方法で更新判定を行うこともできるが、更新されてないのに更新されたと逆に誤判定する可能性がある

フィード毎に更新の判定方法をカスタマイズできるようにすることも一時検討しましたが、作者がそこまでの必要性を感じていないため手付かずとなっています。

ちなみに現在のSage++においても、フィード内の各エントリが日時情報を持っていない場合は代わりにタイトルから生成したシグネチャを比較する方法で更新判定を行っています。そこでYahoo! Pipesでこんなものを用意しました。

フィードをこのPipeに通すと各エントリの日時情報が除去されます。つまりこの出力結果をSage++で購読すれば、日時ではなくタイトルの更新を検出して更新判定を行うようになるはずです。残念ながら作者は具体的なフィードの実例を知らないので意図通り動くかどうかは確かめていませんが、もしよかったら試してみて下さい。

(*4) いつも同じ(未来の)日時が設定されている場合など。

Here, Sage++ (Higmmer's Edition) 2.2.0 has been released formally. From this release Firefox 3.0.x and 3.5.x get supported again, and now you can use it on Firefox version 3.0 to 3.6. If you've already installed Sage++ on those versions, it will be updated automatically with checking add-ons updates.

Also you can install it manually from the following page.

Changelog (2.2.0pre2 → 2.2.0)

  • Supports Firefox 3.0/3.5/3.6
  • Bug fixed: the update counts on folders become inconsistent just after OPML import.
  • More flexible date-time translation in the feed parser.
    • If it fails to parse as RFC822/ISO8601, attempt another format.
    • Supports "Z" and "JST" time-zone specifier in RFC822.
    • In ISO8601,
      - Handling date-time that is separated with space instead of "T".
      - If time isn't specified, assume "00:00".
      - Assuming local time-zone, if time is specified without time-zone.

*** Snip ***

If you find some sort of problem with update detection of your feeds due to above changes around date-time translation, please contact me so that I can consider about countermeasures.

Some follow-up about the method of updates detection in Sage++

Sorry, the translation of this section is in progress...

サイトによってはお知らせなどを常にトップに表示させることを意図して未来の日時を設定していることがあるようです。このような場合Sage++では正しい更新判定ができないことがあります(*4)。申し訳ありませんが今の所これに対応する予定はありません。理由は以下の通りです。

  • Sage++では過去に取得したフィードを保持するデータベースを持っていないため、過去との差分で更新判定をすることができない。
  • フィードから生成したシグネチャを比較する方法で更新判定を行うこともできるが、更新されてないのに更新されたと逆に誤判定する可能性がある

フィード毎に更新の判定方法をカスタマイズできるようにすることも一時検討しましたが、作者がそこまでの必要性を感じていないため手付かずとなっています。

ちなみに現在のSage++においても、フィード内の各エントリが日時情報を持っていない場合は代わりにタイトルから生成したシグネチャを比較する方法で更新判定を行っています。そこでYahoo! Pipesでこんなものを用意しました。

フィードをこのPipeに通すと各エントリの日時情報が除去されます。つまりこの出力結果をSage++で購読すれば、日時ではなくタイトルの更新を検出して更新判定を行うようになるはずです。残念ながら作者は具体的なフィードの実例を知らないので意図通り動くかどうかは確かめていませんが、もしよかったら試してみて下さい。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

Tracked from プラスα空間  on 2010-02-21 at 01:19:25
Firefox3.6がリリースされています。これに伴い、Firefox3.5のサ

PageTop▲

コメント

■ ありがとうございます
Posted by n (ID:-) [URL]  on 2010-02-07 at 03:51:55 [編集]
早々にバージョンアップしてくださいましたので、本当に助かりました。おかげさまで読みたいものを快適に読むことができます。感謝しております。
Posted by 名無しさん (ID:SEFye3cg) [URL]  on 2010-02-08 at 01:52:52 [編集]
更新ありがとうございます。いつも使わせて頂いてます。

2.2.0pre1から2.2.0にバージョンアップしたところ
「更新されたフィードのみ表示する」がONの際に
ブックマークの区切り線が(更新の無いフィードと同様に)表示されなくなりました。
新規プロファイルでも確認しました。

もしよろしければ以前と同じく「更新されたフィードのみ表示する」がONの時も
区切り線が表示される仕様の検討をお願いします。
Posted by ひぐま (ID:373tx3F.) [URL]  on 2010-02-08 at 02:20:31 [編集]
「更新されたフィードのみ表示する」状態では区切り線は表示されないのが従来からの仕様です。
2.2.0pre1で表示されていたのはバグです(^^;

但し、2.2.0では隠し設定として sage.force_show_separator を true にすることで
区切り線を表示させる機能が入っています。
更に隠れたアイテムによって区切り線が連続した場合は一本にまとめる処理を追加しています。
しかしフォルダの先頭や末尾に区切り線が来た時の対応が不十分なので
まだ正式アナウンスはしていません。
当面、上記設定でしのいでもらえませんでしょうか?
Posted by 名無しさん (ID:SEFye3cg) [URL]  on 2010-02-08 at 15:43:51 [編集]
>「更新されたフィードのみ表示する」状態では区切り線は表示されないのが従来からの仕様です。
うわあ。すいません。
pre1で表示された時の使い心地が自分の使い方と馴染みすぎて、
以前からそうだったと思い込んでしまったのかもしれません……

>sage.force_show_separator を true
無事区切り線が表示されました。
先頭・末尾の区切り線も特に気にならず良い具合で、大変助かりました。

お手数おかけしました。ありがとうございました。
■ 無事使えています
Posted by お市 (ID:SFo5/nok) [URL on 2010-02-22 at 00:52:31 [編集]
トラックバックを送らせていただきました。
私のブログに訪問していただき、ありがとうございます。
既読フィードが表示されないと言う使い方の問題に困っていたのですが、教えていただいた通り、ツールバーの赤い米印で切り替えられました。

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。