スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら、ノートン先生(2)

■ 雑記 Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-02-05 at 01:39:36

※2007年1月22日頃に発令されたアウトブレーク警告についての情報はこちらへどうぞ。

(続き)LiveUpdateが終わって一段落したと思ったら、次は「急速に広がる脅威について保護されていません」とか何とか言いつつ真っ赤なパネルがでてきて、また"解決する"ボタンを押せとおっしゃる。で、少しビクビクしながら押してみると、アウトブレイク警告の保護の欄に「W32.Sober」が入ってました。これで大丈夫ということですかノートン先生?しかし分かりにくい表現ですね……初心者に対してことさらに脅威を煽って、アンインストールさせないようにしているとしか思えませんよ全く。

そのくせファイアウォールに関してはデフォルトでとんでもない設定になっているのです。「学習」と称して、未知のソフトに対して何でもかんでも通信を通すルールを勝手に作成してくれるのです。NIS2003でも自動生成の機能はありましたが、それはあくまでもノートン先生が知っているソフトについてだけ。知らないソフトまでバンバン通してくれるなんて余計なお世話どころか言語道断、何のためのファイアウォールか分かりません。初心者から警告がうざいというクレームがくるのがそんなにイヤだったのでしょうか? まさに本末転倒とはこのことです。

勿論、こんな機能は速攻で切るのが吉です。念のため書いておくと、メインパネルの「Norton Internet Security」タブから「ファイアウォール」をクリックして"設定"ボタンを押すとダイアログが開くので、「インターネットにアクセスする認識されていないプログラムを学習する」のチェックを外せばOKです(画面参照)。これで、NIS2003と同様に未知のプログラムに対しては警告が出るようになります。

NIS2006 - 自動学習機能をオフにする

既知のソフトであっても勝手にルールを増やされるのはあんまり好きじゃないので、更に「プログラム制御」タブの「プログラムの自動制御をオンにする」も外しています。こうすれば新しいソフトが最初にインターネットにアクセスしようとするときには必ず警告が出ますので、必要に応じてルールを作成すればいいですし、ノートン先生が知ってるソフトならそのまま自動生成させてもいいです。当然、あやしいソフトからのアクセスだったら通信内容を確認した上で遮断することもできます。

そんなこんなでルールを追加しつつFirefoxでのWeb接続実験を行い、続いてメールの送受信実験にも成功したので、一応Internet Explorerの方のルールも作成しておくか……とIEを起動したところでアクシデント発生! IEを立ち上げた瞬間にノートン先生のアイコンがタスクトレイから消え、お亡くなりになってしまったのです。しかもその後マシンを再起動しようにもシャットダウンしようにもうんともすんともいわなくなり、強制リセットをかけるしかなくなる事態に……。いい加減にして下さいよノートン先生ヽ(`Д´)ノ

リセット後にIEを立ち上げ直してみてもやっぱり同じ症状が再現します。イベントビュワーを見てみるとどうやら"ccApp.exe"から呼ばれる"ccl40.dll"でアクセス保護違反が出ていることを示しており、更に「再起動に失敗しました」というメッセージも残されていました。こんなエラー見たことないよ……orz。一体どないなっとんねんと思いつつ、Symantecのサポートページを見てみてもそれらしき項目は見当たりません(つーか検索性能低すぎ。重複項目も弾いてないし)。たかがIEすらまともに使えないようでは話にならないので、こんなこともあろうかと一応取っておいたHDDのバックアップを使ってシステムリカバリーを行い、NIS2003をアンインストールする前の状態に戻しました。バックアップ取っておいて本当に良かった……。

リカバリーを行っている間、サブのノートPCを使って"ccApp.exe 落ちる"でググってみると出るわ出るわ不具合の話……。そして2chのセキュリティ板のスレを覗いてみたら他にも様々な不具合で困っている人が大勢いる様子。NIS2003は自分の環境ではすごく安定していて色々な設定も細かくできるので気に入っていたのですが、それから3年の間にノートン先生はすっかり重い・不安定の代名詞になってしまっていたのです。こんなことなら事前に十分に調べておくべきだったと激しく後悔しても後の祭りです。すっかりノートン先生を信頼しきっていただけに裏切られたような気持ちで一杯になりました。

とはいえ、5,500円以上も払わされた上に泣き寝入りするのも納得できなかったので、Symantecのサポートページから質問を送って回答が返ってくるのを待っている間、フリーのウィルス対策・ファイアウォールソフトについての調査を開始したのでした。(つづく)

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。