浴衣で神社に佇む薫子……れかなとこふまたに死君

■ TV Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-04-21 at 21:16:29

◆共有テーマ: ドラマ感想 [テレビ・ラジオ]

学校も夏休みになってしまい、薫子@松本まりかさんにも暫く会えないのかと思っていましたが……NHKさんにこの想いが通じたのか(?)、今日は久しぶりに桜子との絡みシーンがありました。しかも浴衣姿で登場キター!!! そうかそうか、薫子の普段着は浴衣か……学校では明るくて活発な子というイメージだけど、本当はおしとやかだったりするのかな?一度家でくつろぐ彼女の姿も見てみたいな……などと0.1秒で妄想したのも束の間、彼女の口から思いもかけない言葉が発せられました。「兄が出征するん」と……。

出征式に行くという桜子に対し「来んでいぃわ」と寂しげに答えるまりか…いや薫子のその口元から少し視線をずらすと、そこにはあの時と少しも変わらない――しかし深い悲しみを湛えたえくぼが浮かんでいました。えくぼを見てこんなに切ない気持ちになるなんて思ってもいませんでした。

そして出征式当日。遅れてやってきた薫子は思い詰めたように暫くそこに立ちつくすと、意を決したように持っていた横断幕を両手に広げました。そこにあった言葉は――

  「れかなとこふまたに死君」

与謝野晶子の詩の引用で兄への想いを表現するという、いかにも文学少女の薫子らしい言葉であると同時にその言葉、その表情からは憧れの人に自分で手紙を渡すこともできなかった彼女にここまで大それた行動をさせた、その悲壮な決意が滲み出ています。そんな彼女を罵倒し、あまつさえ石まで投げつける観衆。 コラ~~!! ナニすんねんワレ!!! ==3 ……おっと失礼思わず取り乱してしまいました。そんな中機転を利かせて薫子を逃がした劇団ひとり斉藤先生カッコイイ!

しかしお父さんといい杏子といい薫子といい、このドラマは鬱要素をことごとく桜子以外に割り当ててバランスを取ろうとしているようです。主役がひどい目に遭ってばかりでは視聴率が取れないから? 問題はそこじゃないと思うんですけどね。

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

■ はじめまして
Posted by あぶらふ (ID:-) [URL]  on 2006-04-22 at 11:40:53 [編集]
はじめまして。
ここ数日拝見しています。
「純情きらり」も、好むと好まざるに関わらず毎日見ています。

「純情きらり」の記事を探していて、こちらにたどり着いたのですが、ご意見いちいちごもっともです。
私も今回のこのドラマ、NHKの悪い面が思いっきり出ている感があり、見ていていらいらすることこの上なしです。
周囲が大変な苦労をしているというのに、ヒロインの桜子が、ピアノ以外全く何もしていないように見えるのも
大いに気になります。
このままじゃ、ヒロインを嫌いになりそうで困ってます。

脚本やキャラクターに力がないというのも大きな原因なのでしょうが、なんだかNHKの日頃の主張を
ここぞとばかりに登場人物たちに言わせているな~というあざとさを感じて、毎回がっくりきます。
しかも、がっくりポイントが日に日に増えています。

ご存じかもしれませんが、BS2でも過去の朝ドラを放送していて、これって、わざとぶつけてきたのかな~と勘ぐってるんですが、
「君の名は」なんです。
戦争で運命を変えられた女たちが次から次へと出てきて、世間や戦争への怨恨をえんえんと述べるという、
朝からそれこそ「鬱モード」全開ドラマで、げんなりします。

この時代を扱うことが問題なのではなくて、扱い方に大きな問題があると思います。
恨み言をいったり、ピアノを弾いているだけでは、「この時代を一生懸命生きた」ことにはならないと思うのですが、
作っている人は誰も気づかないんでしょうかね・・・・。
いい俳優さんが沢山出ているのに、大変もったいないです。

私もひぐまさんのように達観できたらいいのでしょうが、そうはいきそうにありません。
見なければいいんですが、家族で見ているので、やっぱり一緒に見てしまい、新たな地雷ポイントが
どんどん増える・・・という現状です。

これから、まだ半年もあるのに、どうしよう・・・。

それにしても、親友の薫子が共産党員(になりそう?)という展開は、いくらなんでも酷すぎませんか?!
■ 偉そうなことは言えないのですが
Posted by ひぐま (ID:z1/vyMRg) [URL on 2006-04-22 at 20:17:30 [編集]
ご訪問&コメントありがとうございます!!
実はNHKの朝ドラをちゃんと見るのは随分久しぶりで、それもあまり純粋とは言えない動機からなのでお恥ずかしい(^^;

さすがに今日はええぇ~~!!!と思いましたね。これでもう松本まりかさんの出番は終わりか、と思うと…(そっちかよ!!) さすがに卒業するまでは見られるだろうと思っていたのに残念です。しかもいきなり追い出されるような形で退場させられるとは…。せめてもう少しちゃんと伏線を張っておくべきだと思います。どうでもいいような足袋の穴を伏線に使うくらいなら……。

しかも「薫子の味方だよ、できることはない?」と言っていた桜子が手のひら返すように預かった本をあっさり返すのもどうかと。確かに有森家に置いておくのは危険なのは分かるし、笛子に説得されたであろうシーンは脳内補完するとしても、薫子の前で少しは心配するそぶりを見せるくらいしても良かろうに、と思わずにはいられません。もっともその前に、そんな危険な本を預かって欲しいという薫子もどうかとは思いますが(^^;

まぁ私としては唯一入れ込んでた(?)キャラがこれでいなくなったので、これからはより冷静な気持ちで見られそうです。軽く冷めた目で見るドラマってのも意外な発見があって悪くないかもですよ。あぶらふさんも何か思うところがあればまたいつでも来て下さいね。

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲