スポンサーサイト

■ スポンサー広告 Posted by ひぐま (Higmmer) on -------- at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefox/Sage 1.3.6に対するちょっとした改造

■ ネット Posted by ひぐま (Higmmer) on 2006-06-22 at 15:43:03

◆共有テーマ: Firefox [コンピュータ]

注意:このページの内容は古いです。
新しいバージョンはこちらにアップしてあります。

幾つかの脆弱性が修正されたFirefox 1.5.0.4が出たのを横目に見ながら、自分が使っている1.0.x系での修正版が出るのを待っていたわけですが、2週間経ってもリリースされないので不思議に思って調べてみたらなんと、1.0.x系はサポート打ち切り済みであることが判明(´・ω・`)

仕方がないのでようやく1.5系にバージョンアップしました。おかげで拡張機能やら何やらを移行するのに丸半日も費やしてしまいましたよ…(これが面倒だったので今まで放置してたわけですが)。最大の懸念事項は各種拡張機能の互換性だったのですが、自分が使っていたものについては最新版を入れることで今のところ問題無く動作しています。

真っ先に「Sage」を入れることから始めたのですが、これの動作で以前から気になっていたのがコンテンツエリアにフィードを書き出すと現在のタブが上書きされてしまうこと。ついつい中クリックで開くのを忘れてしまうんですよね…。で、探してみたところ同様に思う方がいらっしゃったようで、これに対処した「Sage1.3.6私製バージョン」というのを見つけたので、これを入れてみました。

使ってみるとこりゃ便利! というわけで、どうせならもっと便利にしようと思って更にちょっとした改造を施してみました。ほんとしょうもない改造なんですが、他に必要な方がいらっしゃるかも知れないので恥を忍んで公開します。

この改造による効果は次の3つです(*)。

  • コンテンツエリアに新しいタブを開くかどうかをメニューから選べるようになります。
  • コンテンツエリアにフィードを読み込むかどうかを設定ダイアログを開かずに切り換えできるようになります。
  • ついでにまとめサイトで報告されている「フィード一覧と項目リストの境目に表示されるフィードタイトルをクリックすると新しいウィンドウが開いてしまう」バグも修正しておきました。
(*) むっしゅさんの私製バージョンのEx.1とEx.3にある「コンテンツエリアに読み込んだフィードアイテムをクリックすると新規タブで開く」機能は個人的に必要なかったので含んでいません。

スクリーンショットはこんな感じ。

Sage 1.3.6 私製バージョン

以下、改造手順を説明していきますが、この作業を行うにはCygwinなどに入っているpatchコマンドが使える環境が必要になります(Windows版のpatchコマンドはここにあります)。また、zipファイルが扱えるアーカイバも必要です。

【改造を行う前の注意】

改造の対象となるのはSage開発プロジェクトのページにあるオリジナルの「Sage 1.3.6 (sage-1.3.6-fx+mz.xpi)」です。むっしゅさんの私製バージョンがインストールされている場合、以下の方法はそのままでは使えません。パッチファイルの中身を参考にして手動で修正するか、このページの下の方にあるバイナリファイルを利用して下さい。
6/29追記:以下の改造は行わず、こちらにある新しいバージョンを利用して下さい。

【改造方法その1: 各ファイルに個別にパッチを当てる方法】

(1) Firefoxのプロファイルが格納されているフォルダから"sage.jar"というファイルを探し、念のため名前を変えてバックアップしておく(Firefoxは終了させておいて下さい)。

(2) "sage.jar"の中から次の3つのファイルを取り出す。

  • content/sage.js
  • content/sage.xul
  • locale/ja-JP/sage.dtd (英語ロケールの場合は"locale/en-US/sage.dtd")

(3) 同じフォルダに以下のパッチファイルをダウンロードする。

  • patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.js].txt
  • patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.xul].txt
  • patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.dtd_ja-JP].txt
    (英語ロケールの場合は patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.dtd_en-US].txt)

(4) パッチを適用する。

(パッチを置いたフォルダでコマンドプロンプトを開いて以下を実行)
patch sage.js patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.js].txt patch sage.xul patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.xul].txt patch sage.dtd patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.dtd_ja-JP].txt (又は patch sage.dtd patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar[sage.dtd_en-US].txt)

(5) 取り出した各ファイルを"sage.jar"の中に戻す。

(6) Firefoxを起動する→(゚Д゚ )ウマー

【改造方法その2: 各ファイルに一気にパッチを当てる方法】

(1) 【方法その1】と同じく"sage.jar"をバックアップしておく。

(2) "sage.jar"の中身全部を適当なフォルダに展開する(同じフォルダ内でもOK)。

(3) 展開したファイルのトップ階層(content/locale/skinの各フォルダと同じ階層)に、次のパッチファイルをダウンロードする。

  • patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar.txt

(4) パッチを適用する。

(パッチを置いたフォルダでコマンドプロンプトを開いて以下を実行)
patch -p1 -d . < patch-sage-1.3.6-fx+mz.jar.txt

(5) content/locale/skinのフォルダをzipで圧縮して"sage.jar"を作り直す。

(6) Firefoxを起動する→(゚Д゚ )ウマー


…とここまで長々と説明した後に言うのも何ですが、面倒くさくてこんな改造なんかやってられるかヽ(`Д´)ノという人のために一応バイナリファイルも用意しました。以下のリンクを右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」で拡張子を".jar"に直してから保存して下さい(元ファイルをバックアップするのをお忘れなく)。

  • sage.jar

尚、この改造によって何らかの不具合が生じたとしても責任は負えませんので予めご了承下さい。万一Firefoxが起動しなくなったり、動作がおかしくなった場合は最初にバックアップしたファイルを元の名前に戻して下さい。

(参考) 「むっしゅの戯言」のむっしゅさん Thanks!!

トラックバック

この記事について書く(FC2ブログユーザー)
※言及リンクの無いトラックバックは無効です

PageTop▲

コメント

■ こんにちは
Posted by むっしゅ (ID:-) [URL on 2006-06-29 at 13:19:05 [編集]
コッソリ白状しますと、ソースを開いてみてもイマイチよくわかってなかったりします。
とりあえず、要望があったのでソースを開いてみたのですが…。
中を見ていただいたと思いますが、ウチのは単に「MiddleClick」を「LeftClick」に変更しただけだったりします(笑)
「メニューから選べる」ってのはイイですね。画期的です。これこそ正しい改造(改良)ですね。
まぁ自分の場合、思いついてもどこをいじっていいのかサッパリなんですけど(苦笑)
■ いえいえ
Posted by ひぐま (ID:z1/vyMRg) [URL on 2006-06-29 at 17:59:41 [編集]
こちらも変更した箇所以外のソースは把握していませんよ(^^;
むっしゅさんのおかげで機能追加のアイデアを思いつき、
改造箇所の取っ掛かりを見つけることができました。
ありがとうございます。

PageTop▲

コメントの投稿

 
 
 
 
 
 (後で編集・削除したいなら必須)
 
  

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。